治験管理室イメージ画像
  • 患者さまへ/治験ってなに?
  • 治験・受託研究の流れ
  • 組織
  • IRB/治験審査委員会
  • 各種ダウンロード

 

治験ってなに?

人と動物の体の仕組みが違うため、動物実験のデータをそのまま人に当てはめることが出来ません。
実際に人の病気を治すために役立つかどうかを調べる必要があります。

このような、人で効き目と安全性を調べる試験のことを「臨床試験」と言います。
その中でも厚生労働省から”くすり”として認めてもらうために行う臨床試験を「治験」といいます。

治験を行なうときのルール

治験では「くすりの候補」を使うことになるため、治験に参加していただく方の人権や安全が最大限に守られなければなりません。
それと同時に「くすりの候補」の効き目と安全性を科学的な方法で調べる必要があります。
そのため、 治験を行うには厳しいルールが国によって定められています。
そのルールは「医薬品の臨床試験の実施に関する基準」(GCP)といいます。 

このルールに基づいて関連企業と医療機関は治験を行っています。
当院でもこのルールに従って、院内に委員会を設け、審査しています。

この委員会では、医療関係者以外の委員と外部の有識者も交えて治験を実施することに問題はないのかどうか、患者さんへの倫理的配慮や試験の科学性を審査しています。

薬ができるまで

 tikenn 1

 治験には三段階あります

 tikenn 2

 

get adobe readerPDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。