胸部外科

TEL / 0827-34-1000(内線3004)

概要

外来日程・担当表当科では、肺癌、縦隔腫瘍、気胸などの呼吸器外科の疾患の診断・治療を広く施行しております。

手術においては、肺癌や良性の疾患に対して、胸腔鏡を用いた手術を積極的に施行して創を縮小化したり、区域切除、部分切除などの縮小手術を採用するなど、低侵襲化に努めております。

進行肺癌に対しては、呼吸器内科、放射線科とカンファレンスを通じて協力しながら、手術・化学療法・放射線療法を組み合わせた集学的治療を施行しております。

人口の高齢化に伴い、高齢の患者さまが増加していますが、他科との協力のもとに、高齢者であっても安全に手術が施行できるように努めております。

以上のように、チーム医療を実践して、あらゆる呼吸器疾患に対して、個人個人に適した最良の治療を提供することを心がけております。

胸部外科担当医師のご紹介

外来診療案内 胸部外科

【平成29年11月、12月】

診療科 
胸部外科
【E】
午前

片岡 和彦

渡邉 元嗣

久保 友次郎

  

   -   

片岡 和彦

渡邉 元嗣

久保 友次郎

片岡 和彦

   

   -   

診療科はこちら<胸部外科>

主な診療内容

原発性肺癌、転移性肺腫瘍、肺良性腫瘍、気胸、縦隔腫瘍、重症筋無力症、胸膜中皮腫など。

手術実績

  2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
原発性肺癌 42例 36例 39例 77例 97例  116例 146例
肺良性腫瘍 1例 1例  - 1例 5例
転移性
肺腫瘍
1例 4例 5例 7例 17例  24例 13例
気管腫瘍 1例 1例 - 
胸膜中皮腫 2例 2例 9例
(うち胸膜肺全摘2例)
3例
(うち胸膜肺全摘1例)
 4例
(うち胸膜肺全摘1例)
 4例
(うち胸膜肺全摘1例)
胸壁腫瘍 1例 3例 2例  2例 8例
縦隔腫瘍 2例 6例 9例 7例
(肺癌同時手術1例)
9例  2例 11例
炎症性
肺疾患
6例 3例 1例 4例 18例  21例 25例
膿胸・
胸膜炎
6例 2例 5例 6例 9例  11例 14例
血・気胸 6例 9例 10例 4例 24例  8例 25例
横隔膜疾患 2例 1例 1例 -  1例
その他 20例 27例 17例 6例 14例  11例 3例
86例 94例 100例 115例 194例  196例 255例

    肺癌の胸腔鏡下手術について

    肺癌の現状

    現在日本人の死亡原因の第一位は癌による死亡で、2人に1人が癌にかかり、3人に1人が癌で死亡しており、さらに右肩上がりで増加しています。 癌死の中で一番多いのが、肺にできる肺癌によるものであり、これもすごい勢いで増加しています。その中でも肺腺癌の増加が著明で、これはタバコを吸わない人にもできます。
    肺癌の治療には、手術・抗癌剤・放射線治療の3種類があり、肺癌の進行の程度により、一番いい方法を選びます。

    肺癌の手術

    他の臓器に転移していない比較的早期の肺癌に手術を行っています。標準的な手術は、癌の存在する肺葉(右に3個、左に2個あります)を切除し、その領域のリンパ節を切除する、肺葉切除+リンパ節郭清術です。最近ではCTの進歩により、きわめて早期の肺癌が見つかるようになっており、これらに対しては切除範囲を縮小した手術(肺区域切除や肺部分切除)を行っています。

    肺癌の胸腔鏡下手術

    近年、肺癌の胸腔鏡下手術を導入しています。全身麻酔下に、胸部に穴(ポート)を4か所あけ、その1か所から棒状の胸腔鏡を挿入し、内部の様子をテレビモニターに映し出します。他の3か所からいろいろな道具を挿入し、モニター画面を見ながら手術を行います。標準的肺癌手術である肺葉切除+リンパ節郭清術も、縮小手術である肺区域切除や肺部分切除も可能です。内視鏡システムがどんどんよくなり、細かい部分までよく見え、手術を安全に行うことができます。
    haigann

    当院の肺癌治療

    肺癌を胸部外科、呼吸器内科、放射線科で治療しています。毎週カンファレンスを行い、一番いい治療法について相談しています。進行癌に対しては、治療法を組み合わせて(集学的治療)行います。手術適応がある場合、胸部外科で手術を行います。病変の程度により胸腔鏡下手術と開胸手術を使い分け、切除範囲も最適なものを選ぶようにしています。チーム医療によりどのような肺癌に対しても、一番いい治療を提供できるように心がけています。

    肺がん(原発性肺がん)について

     岩国医療センターだより 『胸部外科』

    過去に広報誌「岩国医療センターだより」にて掲載しました「胸部外科だより」等、胸部外科関連の記事を閲覧できます。

    胸部外科だより

     

     

     

get adobe readerPDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。