形成外科

TEL / 0827-34-1000(内線3006)

概要

外来日程・担当表平成19年4月より新しい診療科として、形成外科が開設されました。

形成外科とは、傷をきれいに縫ったり、治すことから発展した分野ですが、小児の先天異常、熱傷(やけど)、あざ、褥瘡(床ずれ)、顔面のケガや骨折、切断指再接着、ガン切除後の再建、血管柄付き遊離組織移植など幅広い診療分野をカバーしています。
年間の手術件数は、550~600件です。

当院の形成外科は、マイクロサージャリー(顕微鏡下に行う微小手術)を駆使した再建外科をもっとも重要なテーマと位置づけています。

再建外科では、乳がん術後の「人工物を使わない再建」、頭頚部癌(鼻の中、口の中、甲状腺、食道などのガン)切除後の再建、血管付きの骨や皮弁の移植を必要とする四肢外傷の再建、皮膚・軟部組織悪性腫瘍の切除後の再建などの再建手術や、切断指再接着、有茎穿通枝皮弁による褥瘡の再建を行っています。

なお、当科では保険診療しか行っておりませんので、美容目的の自費診療は行っておりません。

形成外科担当医師のご紹介

外来診療案内 形成外科

【平成29年6月】

診療科 
形成外科
【G】
午前

 

   -   

青 雅一

森田 美緒

加藤 小百合

 

   -   

森田 美緒

加藤 小百合

青 雅一

森田 美緒

加藤 小百合

診療科はこちら<形成外科>

主要診療内容

小児の先天異常のうち体表奇形

  • 唇裂・口蓋裂
  • 舌小帯短縮症・上唇小帯短縮症
  • 多指症・合指症・多合指症など手指・足趾の異常
  • 小耳症
  • 耳瘻孔
  • 副耳
  • 鰓弓症候群(胎生期のえらの遺残)
  • 顔面裂
  • 先天性眼瞼下垂症
  • 臍ヘルニア
  • その他外表奇形全般

顔面外傷

  • 顔面骨骨折(鼻骨・頬骨・上顎骨・下顎骨 他)
  • 顔面切創・挫創・挫滅創

瘢痕・拘縮(キズ痕・ひきつれ)

  • キズ痕をきれいにしたり、ひきつれを伸ばします。

皮膚良性腫瘍

  • 上皮性腫瘍:粉瘤・脂漏性角化症・付属器腫瘍など
  • メラノサイト系腫瘍:母斑細胞母斑(ほくろ)・若年性黒色腫など
  • 間葉系腫瘍:脂肪種・血管腫・神経系腫瘍など

褥瘡・難治性潰瘍

  • 上記による骨の露出や皮膚欠損を治します。

熱傷(やけど)

  • 軽傷~中等症までの熱傷の急性期~植皮術(皮膚移植)まで
  • 熱傷後のひきつれ予防とひきつれに対する植皮・皮弁移植

あざ

  • 太田母斑・伊藤母斑・青色母斑(どれも青あざ)
  • 単純性血管腫
  • 母斑細胞母斑(黒いあざ)
  • 扁平母斑(薄茶色のあざ)
  • 母斑症(他の病気に合併するもの・母斑同士の合併)

最近では、青あざはレーザーで治療できるようになりました(保険適応)。
当科では、青あざ用のQ-スイッチ付きアレクサンドライトレーザーを導入しています。

手足の外傷

  • 皮膚欠損
  • 重症開放骨折の皮膚・軟部組織再建(整形外科との合同手術)
  • 血管柄付き骨移植

悪性腫瘍

  • 皮膚・軟部組織悪性腫瘍の切除と再建
  • 頭頸部癌(鼻・耳・副鼻腔・口腔内・のど)切除後の再建(耳鼻科との合同手術)
  • 乳癌切除後の再建(同時再建・2期的再建)(外科との合同手術)
  • その他の部位の癌切除後の再建

その他(保険診療)

  • 腋臭症(わきが)
  • 陥入爪(巻き爪)
  • 眼瞼下垂症(後天性・老人性)
  • 老人性眼瞼皮膚弛緩症(まぶたの垂れ下がり)

get adobe readerPDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。