平成27年度 国立病院機構岩国医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 675 186 210 307 502 809 2061 2759 2357 544
地域医療支援病院であり3次救急病院である当院は、地域医療における中核を担っています。入院患者さんは60歳以上が7割を超えており、重症患者さんの対応はもちろん、小児救急医療や周産期医療の中核も担っています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 13 12.69 14.34 7.69 76.77
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 24.30 21.69 40.0 87.20
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 9 23.11 18.99 33.33 81.22
 内科はどこの科にも所属しない内科的救急患者を受入れており、肺炎の患者が多くなっている。
肝臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術・処置等2なし 27 14.89 11.98 3.70 77.0
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 10 20.30 12.60 20.0 72.5
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 19.70 21.69 20.0 84.0
 肝臓内科では主に肝臓の悪性腫瘤の内科的治療や慢性肝炎等のびまん性肝疾患の診断と治療を行っています。時に肝臓癌を主とする肝悪性腫瘍は外科と連携し、内科的治療が望ましい症例を治療していきます。
 誤嚥性肺炎や尿路感染症は、内科、消化器内科と一緒に呼吸器内科や泌尿器科等とも連携をとりながら治療をしていきます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 148 6.99 5.72 0 2.26
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 8.34 6.17 0 0
040100xxxxx00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 26 3.1 6.31 0 5.89
 小児科の入院診療は、数は重症な乳幼児の肺炎・気管支炎の方が多いが、RSウィルス、ヒトメタニューモウィルス等による呼吸管理が必要な患者さんの診療を行っています。新生児は24週600g以上の早産低出生体重児を基本にやっています。
 重症例としては、平成27年度は10例の急性脳炎・脳症、8例のⅠ型糖尿病ケトアシドートシス等が入院しており集中治療管理を行っています。
 川崎病は年間33例の入院症例がありました。長期の治療も含めて小児循環器科が主体で治療を行っています。
 入院後明らかになる心臓疾患は、急性心筋炎、新生児の先天性心奇形があります。これらの症例は小児科と小児循環器科共同で診療を行っています。
 小児循環器の重症例は、手術や高度な集中管理が必要な場合には小児心臓血管外科診療施設等への転院をお願いしています。
 
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 62 4.69 4.53 0 66.02
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 61 7.61 7.84 1.64 60.97
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 60 16.55 17.41 3.33 71.45
 当科が関与する疾患では大腸癌が多く、胆嚢疾患が続いております。大腸癌が多いのは全国的な傾向であると思われますが、手術だけで無く術前術後を含めた抗がん剤治療が必要となる場合も多く、特に肝転移を認める場合には切除が出来るように綿密な計画の立案が必要となります。
 化学療法には持続注射のためにCVポートという埋め込み型の器具を入れる場合や入院を必要とする場合もありますが、全て当科が診療科となり外科医が担当して行っています。治療によって診療科が変わる事はありませんので、患者さんにとっては安心感があると思います。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 132 31.59 28.70 66.67 83.77
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 副傷病なし 57 19.91 21.52 43.86 77.02
160760xx97xx0x 前腕の骨折 副傷病なし 33 3.48 5.70 3.03 48.18
 整形外科では、四肢の骨折等外傷が多いのですが、脊椎系の入院も4割近くおられます。
 急性期病院の為、手術的治療を目的とする入院が主となります。
 大腿骨頸部骨折、転子部骨折は、その多くを地域連携パスにて治療していますので、多くの場合は、術後リハビリ転院をしていただくことになります。
 脊椎系では、微小侵襲手術により、高齢者への手術適応が広がり、入院期間の短縮も期待できます。人工股関節でも、微小侵襲手術の適応例では、2週までの入院を目標としています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 手術・処置等1なし 12 3.33 4.38 20.33
080011xx99xxxx 急性膿皮症 10 13.40 11.97 10.0 80.10
080006xx01x0xx 膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 手術・処置等2なし 8.00 10.49
急性膿皮症は本来皮膚科だが、当院では形成外科でも入院しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他手術・処置等2なし 副傷病なし 66 8.82 10.02 16.67 76.48
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 6.8 7.52 12.24 62.12
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 21.9 19.32 56.82 68.48
 脳神経外科では頭部外傷に関連した疾患で入院する患者さんが最も多くなっています。この中には開頭術や穿頭術など手術を行った患者さんもいれば、保存的治療(手術ではなく点滴などの治療)を行った患者さんもいます。また脳梗塞や脳出血などの脳卒中で入院される患者もたくさんおられます。脳の病気以外に首や腰の病気の患者さんの治療も行っており、手術治療を中心として幅広く神経に関わる病気の治療を行っている点が当科の特徴と言えます。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 144 11.10 13.03 0.69 76.48
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 4.03 3.29 6.06 71.58
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 24 9.29 10.23 0 67.25
○呼吸器外科領域全般の患者さんを加療しています。
 特に肺の悪性腫瘍の患者さんの手術を最も多く施行しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 副傷病なし 75 2.63 3.46 0 68.33
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 46 33.93 25.69 4.35 72.26
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術・処置等2なし 32 18.03 13.19 3.13 80.19
 当科では岩国市を含む山口県東部を中心に、広島県、島根県と幅広い地域からの患者さんを受け入れています。近年高齢化に伴い大動脈弁狭窄症や増帽弁閉鎖不全症等の弁膜症が増加していますが、当科では増帽弁閉鎖不全症に対し、人工弁より生理的な自己弁修復による増帽弁形成術を積極的に行っています。また、胸部大動脈瘤・腹部大動脈瘤に対し従来型手術はもちろんのこと、より低侵襲なステントグラフト治療も行っています。その他下肢静脈瘤に関しては血管内レーザー焼灼術を導入しており、ストリッピング術・結紮術とともに適応に合わせて治療を行っています。
 全ての患者さんに対し、理学療法士、薬剤師、栄養士、臨床心理士等、循環器診療に携わるスタッフが連携して総合的かつ包括的な医療を提供することで、手術を安全に受けていただくだけでなく、退院後も質の高い生活が維持できる体制をとっています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 15 3.20 3.32 0 2.67
060150xx99xx0x 虫垂炎 副傷病なし 7.4 6.72
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 手術・処置等1なし 3.0 5.12
停留精巣を多く扱っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 63 8.17 7.76 0 57.29
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 46 8.44 8.20 0 19.56
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 27 7.30 7.94 0 55.07
 慢性副鼻腔炎の手術、扁桃、アデノイドの手術、唾液腺の腫瘍和扱う頻度が高いが、頭頸部腫瘍全般について診察を行っている。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x2xx 非ホジキンリンパ腫 手術・処置等2-2あり 24.0 30.23
 肺癌や食道癌の化学・放射線併用療法や頭頸部癌、乳房温存手術後の放射線治療など、根治を目的とした治療の割合が多いです。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx0110xx 頭頸部悪性腫瘍 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 16 9.81 14.02 0 76.31
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 11 15.18 8.97 0 73.73
080011xx99xxxx 急性膿皮症 11 14.36 11.97 0 75.36
皮膚腫瘍(悪性)手術を行うため、また神経痛などを伴う帯状疱疹の入院治療を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 71 8.73 7.59 0 74.48
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 61 11.79 14.03 0 71.38
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 28 9.93 12.6 3.57 68.68
 泌尿器科では尿路悪性腫瘍 (前立腺癌・膀胱癌・腎癌)を中心に手術療法および薬物治療を行っています。また,急性期病院であるため尿路結石症および尿路感染症の治療も行っています。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術・処置等2なし 23 14.78 20.87 0 29.96
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 11 4.82 6.56 0 32.00
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 14.00 12.23
 切迫流産の入院は妊娠33週までとしているので症例数は少ない。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 48 9.08 10.18 0 46.38
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 28 9.00 9.53 0 72.04
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 27 10.44 13.97 0 56.19
 子宮の良性腫瘍の症例数が最も多いが、悪性腫瘍の症例数は年々増加している。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9904xx の悪性腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 131 19.76 13.38 1.53 73.54
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 113 13.92 14.34 4.42 70.7
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 110 2.97 3.29 0.91 73.32
呼吸内科は 肺の悪性腫瘍に対する化学療法、感染症を中心とした治療を行っております。当院は山口県東部の中核病院であり、遠方からの患者さんや通院困難な方の入院が多くなっているために在院日数は若干長めとなっております。
 外来化学療法はシスプラチンのショートハイドレーションなどを取り入れ、積極的に施行しております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 354 3.38 3.07 0.56 70.77
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 160 6.37 4.87 0 72.86
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 117 18.00 18.08 27.35 73.66
 循環器内科に入院する症例で最も多いのは、心臓カテーテル検査や治療目的の入院です。検査であれば1泊2日もしくは2泊3日で行い、治療であれば3泊4日で行います。
 また、当院の循環器内科は脳梗塞の症例も多く入院します。急性期の治療が終了した後、症例の3割はリハビリ目的の転院が必要となります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 管(肝内外)結石、胆管炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 95 9.16 10.93 3.16 78.68
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 77 14.19 14.34 9.09 83.57
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 19.12 21.09 31.51 85.74
 当院は山口県東部の中核病院であり、この地域では他に専門施設がないため、疾患が当院に集中する傾向にある。
 胆膵疾患に対する内視鏡的治療のみならず、消化管腫瘍(早期がんや大腸ポリープ)に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)/内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、消化管癌に対するステント留置術(stenting)、消化管出血に対する止血術、経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)など内視鏡的治療入院が多く、これら内視鏡的治療に重点を置いている。
小児循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150070x0xx1xxx 川崎病(2歳以上) 手術・処置等1あり 3.00 4.53
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 3.00 4.52
 小児循環器科は、入院時循環器疾患が明らかになった場合に介入するという場合がほとんどです。(川崎病、急性心筋炎、先天性心奇形など)
 他には、外来管理、心臓カテーテル検査が必要になった場合等の検査入院を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 63 21 26 16 11 55 1 7
大腸癌 31 36 60 91 14 133 1 7
乳癌 38 61 34 1 7
肺癌 138 28 86 131 133 294 1 7
肝癌 13 11 77 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌
主な診療科は、消化器内科・外科です。
早期であるStageⅠの症例を多く診ています。
StageⅠでは内視鏡的手術、腹腔鏡下手術など負担の少ない治療を取り入れています。
StageIVや再発に対しては化学療法が主な治療となっています。
大腸癌
主な診療科は、消化器内科・外科です。
StageⅢ・StageIV・再発の症例が多いのは化学療法で複数回入院されている症例を重複して集計している影響があります。
治療は、患者様の状態に応じて、腹腔鏡下手術も取り入れています。
集計にはありませんが、消化器内科では、上皮内癌の内視鏡的治療も積極的に実施しています。
乳癌
主な診療科は、外科(乳腺外科)です。
入院での主な治療は手術、化学療法です。
再発に対しては、化学療法が主な治療です。
放射線療法は多くの場合、外来で施行しています。
肺癌
主な診療科は、呼吸器内科・胸部外科です。
StageⅠ・StageⅡでの主な治療は、胸腔鏡下手術です。化学療法も行う場合があります。
StageⅢ・StageIV・再発では化学療法を中心に患者様の状態に合わせて幅広い治療を行っています。
Stage不明は検査入院で、結果確定前に退院されたものです。
肝癌
主な診療科は、内科(肝臓内科)・外科です。
治療は、血管塞栓療法と化学療法が中心です。
StageⅠ・Ⅱは外科的(開腹)手術も行っています。
症例によっては、ラジオ波焼灼療法も行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 34 9.29 57.12
重症度 1 38 13.82 69.34
重症度 2 63 15.14 83.11
重症度 3 21 20.52 85.29
重症度 4
重症度 5
不明
主な診療科は、呼吸器内科です。
他の疾患を合併している場合は、該当の診療科で担当することや、協力して診療を行なうことがあります。
症例数では、重症度2が最も多く、続いて重症度1となっています。
重症度が高いほど、平均在院日数が長く、平均年齢が高くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 14 6.00 70.36 0
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 300 24.33 75.87 28.78
その他 40 20.68 72.35 3.23
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 38 6.63 72.95 0.5
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
主な診療科は、脳神経外科と循環器内科です。
脳梗塞(I63$)に分類される症例を多く診ています。
その中でも、発症日から3日以内の急性期の症例は、約88%を占めています。
入院の日数は平均で、20日から25日ですが、他の病院へ転院してリハビリなどを継続していただく場合もあります。
脳梗塞に至らなかった(I65$)症例では、検査入院が約60%です。
治療は経皮的頸動脈ステント留置術や動脈血栓内膜摘出術を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K615-2 血管梗塞術(頭部、胸腔、胸腔内血管等) 0
k664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、胸腔鏡下胃瘻増設術を含む) 100
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
当科の手術は救急入院後に行ったもので、統計で内科に上がっています。
肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 25 2.64 12.44 0 77.68
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 2センチメートル以内のもの その他のもの
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 2センチメートルを超えるもの その他のもの
 肝臓内科では肝臓癌を主とする肝悪性腫瘤について、内科的に治療を行う場合、血管塞栓術と肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法のどちらか一方を、又は二つを別日に行っていきます。治療については肝腫瘍の大きさと肝予備能を確認して、治療が有効であるだけでなく、術後の肝予備能が十分保てている事を検討しながらの選択となります。
 肝硬変等で腹水が貯留した場合、トルバプタン製剤が用いられる事もあります。しかし、内服薬治療での効果が不十分な症例については胸水、腹水濾過濃縮再静注法も検討します。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 10 0 40.50 10 0
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 33.33
K300 鼓膜切開術
 当院では出生時における仮死蘇生術を実施しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 70 1.50 5.41 1.43 62.20
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 48 5.98 17.29 14.58 72.92
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 41 1.24 3.34 0 68.0
 結腸及び胆嚢の疾患数は多いのですが、そのまま手術数に班得てしております。上位3件のいずれの術式も近年では腹腔鏡が主体で、特に胆嚢摘出術では最近は急性胆嚢炎等の緊急手術に対しても、腹腔鏡を取り入れております。結腸癌及び直腸癌に関してはその肝転移症例に対しても、化学療法との組み合わせによって積極的な切除を行っています。当科には肝胆膵高度技能指導医及び専門医がおり、適切な治療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 120 4.13 28.27 55.00 78.99
K0811 人工骨頭挿入術(股) 47 6.19 21.64 68.09 84.17
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 30 3.27 16.33 6.67 59.00
脊椎系手術が1/4程度、残りは、骨折等外傷がその多くを占めますが、残念ながら靱帯等は多くありません。
 待機的予定手術は,全体の1/3程度で、其れ以外は、緊急若しくは数日内に手術する準緊急手術です。骨折は、多くは緊急/準緊急手術適応となると考えていますが、脱臼、開放骨折等は勿論のこと、若年者の大腿骨頸部骨折等は緊急手術の適応としています。また、例えば、高齢者の大腿骨頸部/転子部骨折は、臥床期間をできるだけ短くするべく、既往等で特別問題がある場合を除き、できるだけ早期に手術することにより、早期離床を目指しています。脊椎系におきましても、破裂骨折等で麻痺の進行する場合等,緊急手術となることがあります。
 回復期で加療可能例につきましては、転医リハビリをしていただくことが、今後多くなっていくと思います。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 61 0.90 7.85 18.03 80.48
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング( 1箇所) 26 1.15 28.04 30.77 67.38
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの 23 0.43 46.26 86.96 74.17
 脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫に対する穿頭洗浄術です。高齢の患者さんが多い疾患ですが、手術は局所麻酔下で短時間に行え、患者さんには負担の少ない手術です。脳動脈瘤に対しては患者さんごとに慎重に検討し、開頭手術、血管内手術のうちより良い治療法を提供しています。脊椎脊髄疾患に対しても積極的に取り組んでおり、頭の病気だけではなく首や腰に対する手術も行っています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 59 1.76 9.15 0 71.20
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 42 2.10 9.31 2.38 72.45
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 30 1.67 5.83 0 70.87
 肺の悪性腫瘍の進行度と患者さんの全身状態により、肺葉切除、区域切除、部分切除を適切に選択しております。
 可能な限り患者さんの負担を考え、胸腔鏡を使用した低侵襲手術を施行しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 43 9.63 30.16 4.65 74.88
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 43 0.02 2.07 0 68.23
K617-2 大伏在静脈抜去術 32 0 1 0 68.47
 当科は手術室に据置型のの血管造影装置を結合させたハイブリッド手術室を有し、手術中に血管造影検査を行うことが可能です。この利点を生かし、従来の開心術に加え胸部大動脈瘤や腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療や、閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル治療、急性動脈閉塞に対する血栓除去術等を行っています。2015年度は年間121例の開心術(うち弁膜症手術65例)、47例のステントグラフト治療を施行しました。また下肢静脈瘤に対しては血管内レーザー焼灼術を導入しており、ストリッピング術・結紮術とともに適応に合わせて治療を行っています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 24 1 1.17 0 3.83
K836 停留精巣固定術 15 1 1.20 0 2.67
K804 尿膜管摘出術 0 0.5
主に鼠径ヘルニアや停留精巣固定術を多く扱っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 41 1.20 6.49 0 62.41
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 41 1.0 6.56 0 20.46
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型(汎副鼻腔手術) 32 1.06 5.97 0 60.50
 慢性副鼻腔炎・鼻中隔湾曲症に対する内視鏡下鼻内手術を多く施行しているが、これ以外にも扁桃腺摘出術やアデノイド切除、声帯ポリープなどの手術も多い。
 また、口腔癌、舌癌、中咽頭癌、下咽頭癌、喉頭癌など頭頸部扁平上皮癌などに対する手術も行っている。
 さらに、耳下腺腫瘍、顎下線腫瘍などの唾液腺腫瘍(悪性を含む)、甲状腺癌の手術も行っている。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 22 1.55 8.91 4.55 78.36
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上)
K013-22 全層植皮術(25c㎡以上 100c㎡未満)
 当科における主要手術は皮膚腫瘍(良性、悪性)に関連したものになっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 95 1.43 6.92 0 74.42
K843 前立腺悪性腫瘍手術 61 1.03 9.75 0 71.38
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 17 2.41 9.94 0 70.94
 泌尿器科では、前立腺癌に対するロボット支援手術,膀胱の悪性腫瘍に対する手術,尿路結石に対する尿管ステント留置術や体外衝撃波破砕・レーザー破砕を中心に行っています。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9062 子宮頸管縫縮術(シロッカー法) 0
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合
K907 胎児外回転術
 統計に表れていませんが、帝王切開率は12%で周産期センターとしては低い数値となっています。

※ 帝王切開は抽出方法の規程によりこの統計には標記されません。 ただし当院では件数が最も多く、27年度では51人行っています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 58 1.0 7.33 0 48.81
K8654 子宮脱手術 腟壁形成手術及び子宮全摘術(腟式、腹式) 27 1.0 7.0 0 71.89
K879 子宮悪性腫瘍手術 19 1.11 9.74 0 59.63
 子宮全摘術が最も多いが、子宮悪性腫瘍手術件数は増加傾向にある。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈、腹腔内持続注入用植込カテ設置(頭頸その他)
K386 気管切開術
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
 入院での化学療法に関連する手術を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 138 5.09 5.90 4.35 73.57
K5491 皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 65 0.06 21.11 10.77 71.23
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 62 5.74 14.24 9.68 80.44
 循環器内科では、慢性虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈形成術と冠動脈ステント留置術を多く行っています。この様な治療は急性心筋梗塞症例に対しても行います。
 また、洞不全症候群や房室ブロックといった徐脈性不整脈に対しては、ペースメーカー植え込み術を行います。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 79 3.52 7.29 3.80 76.05
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 78 1.79 10.50 2.56 77.32
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 57 2.14 1.82 1.75 70.30
 膵胆道疾患に対するERCP関連手技に関しては、年約600件施行している。またとくに内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)には力を入れており、年100件程度施行している。治療に関しては、全例鎮静+炭酸ガス送気で行っており、スコープも最新のモデルで行えるよう常に内視鏡診療環境を整えており、今後も症例数の増加が期待できる。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 22 0.68 6.18 0 79.50
K0021 デブリードマン(100cm2未満) 12 1.67 14.83 8.33 63.00
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上) 53.57
 癌拠点マイクロサージャリーによる遊離組織移植は当科で行っている。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 10 0.10
異なる 41 0.39
180010 敗血症 同一 43 0.41
異なる 68 0.65
180035 その他の真菌感染症 同一 13 0.12
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 78 0.75
異なる 14 0.13
当院では、手術や処置に伴う合併症を防ぐため、細心の注意を払い、対策を行っております。
更新履歴
H28年10月3日